肌アレ命!

Pocket

肌アレ やりましょう!そして変えましょう!

質問が溜まっているので、どんどん行きます。 

【質問】

最近セブチで初めてkpopに興味をもち、このブログに出会いました。カムバすら知らなかったのですごく勉強になりました。ありがとうございます!私は元某ジャニグループファンです。なので、何でもネットで見れたり、他にもカルチャーショックでした。それで、質問なんですが、なぜ韓国の男性アイドルは化粧をしてるんですか?誰から始まったのですか?韓国アイドルといえば、私は東方神起が思い浮かぶんですが、化粧してませんよね。日本で化粧をする男性芸能人はビジュアル系バンドぐらいでアイドルはほとんどしませんよね。やっぱり、韓国の男性は美意識が高いからですか?個人的には、あえてする必要が感じられませんし、濃すぎと思うのですがどう思われますか?

K-POP男子の化粧が濃い理由については、いくつか理由はあると思っています。

私が個人的に思い浮かぶ理由を書いていきますね(^_^)

<其の一 美意識が高い国民性>

これはもう、男女問わず化粧が濃い基本理由!だと思います。

整形も当たり前、お肌は陶器のようなシルク肌が美しいとされていますし、バックステージ映像なんかを見ても、男子アイドルでもヘアメイクさんがミリ単位でコンシーラーをチョンチョンと塗って、徹底してクリアな肌を演出しようと必死なのが分かります。肌質に凹凸が無いようにするというか、ニキビ、吹き出物、シミ、全てを消してフラットな肌質にするのが当たり前なので、少し「能面」のようなメイクとも言えます。

<其のニ 肌と目の対比>

「能面」のような肌質に仕上げるからこそ、アイメイクなどは逆に強調するように仕上げているのはあると思います。強弱が無いと、顔全体がノッペリして見えますからね、ステージ映えしないと思う(笑)

<其の三 単独コンサートが無かった>

この件については前ブログから書いてますが、K-POPが公演で収入を得るようになったのはつい最近のことです。それまでは合同コンサートや企画イベントしか無く、ステージ出番があったとしても、2、3曲披露する程度でした(新人なら1曲)。だからバッチリメイクで出演しても、あまりメイク崩れを起こさなかったわけですが、日本に進出するようになって単独コンサートが普通になり始めたこともあり、特に東方神起やBIGBANGなど、コンサートに慣れてきた歌手はあまり濃いメイクをしなくなったんです(汗で目が痛くなるから)

>私は東方神起が思い浮かぶんですが、化粧してませんよね。日本で化粧をする男性芸能人はビジュアル系バンドぐらいでアイドルはほとんどしませんよね。

東方神起はしていない、とおっしゃってますが、昔はすごくしてましたよ。もはやデビュー時に至っては、日本のビジュアル系バンドをも凌駕する勢いで!(笑)

↑色々とツッコミどこ満載ですが、あえてスルーだなwww

アイラインなどをキツく入れるメイクは、テレビや撮影用になっています。単独コンサートの場合、2時間以上踊りっぱなしですから、いくらプロがメイクしたとしてもキープするのは難しくなります(タオルで汗ふくし)なので、デビュー時は濃くても、徐々に日本活動がメインになって行くと、メイクが薄くなって来る傾向にはあるかな・・・・『日本化して来る』というべきか?

<其の四 生放送の収録が長い>

私が去年、参加したMelonもそうですが、韓国では「お正月特番」でも無いのに、生放送の終了時間が平気で次の日になることもあります。逆に最近はこれでもまだ良くなった方で、数年前までは「2時終わり」とかの番組もあったほど。基本的に日本のようにテレビ番組の時間がキッチリ決まっていないのに加え、生放送も流動的に放送するルーズな時間配分ですから、出演者が多く予定より大幅に時間が延長されることも昔は当たり前でした。今も音楽番組は生放送ばかりですが、特番も生放送なので、出演者は椅子に座ったままテレビに映り続ける必要があります。そんな中、生放送中にアイドルに疲れの表情や、目にクマ、ヒゲなんて生え出したらヤでしょ?(笑)※melonの時のEXOは、ゲスト席の最前列だったこともあり、ホント辛そうでしたよ~そりゃ疲れるよね(^_^;)

<其の五 カムバ期間が2~3ヶ月が普通だった>

今でこそ、カムバ期間は1ヶ月(その代わり高速カムバに移行)程度が普通になりつつありますが、少し前までは数ヶ月単位で活動することが当たり前でした。カムバすると寝る時間もなく、ほぼ毎日どこかの生放送音楽番組に早朝から出勤し、それ以外の仕事(ラジオ、インタビュー)などをこなしながらの、ダンス練習!と、ハードな日々が続きます。現役の学生なら、これに登校も重なり、目にクマや肌アレがヒドくなるのは仕方ない状況に・・・

なので、スッピンの顔色が悪い子なんてザラです。それを隠す意味でも厚化粧なことはありえるかと思います。「まだ若いのになんでこんなに濃いメイクなの?」って思うこともありますが、スッピンがかなりヒドイ場合も多く、アイドルですから、元気!健康的!に見せようとしているだけで、本当は一般的な同世代の子たちよりも、よほど不摂生な生活を送っているわけで、それを隠す意味もあるかと思います。

<其の六 過度なダイエット>

カムバック前になると、性別を問わずみなダイエットをさせられます。その昔、ユノがダイエットしてた頃はサラダ(生野菜)のみで、すごく一気に痩せてしまい、日本のファンからは「病気か?」と言われたほどでした。日本では質問者さんがおっしゃる通り、濃いメイクをしないので(ドーラン程度?)、韓国でのカムバを控え、日本活動を精力的に行いながらカムバ準備をしていた頃の東方神起は、ダイエットも重なり、かなり不健康そうに見えました。過度なダイエットは顔色や表情にも変化が見えますので、韓国風の「能面メイク」ぐらいしないと、実は顔色やお肌がボロボロなのがバレてしまうのかも。

<其の七 目の細さを気にしている>< /span>

私が韓ドルを追いかけ出して一番驚いたのが、いわゆるKーPOP界の「イケメン(美人)」と呼ばれている人たちの「日本人」と間違われてきた確率の高さでしたwww

スーパージュニアのヒチョル、女性歌手の女王イ・ヒョリ氏は、バラエティに出て「日本人とよく間違われて来た」とエピソードを語るほど。彼らは韓ドル界でも特に「美男美女」として人気がある人たちです。他にも典型的な「日本人顔」として有名なのがEXOチャニョル、こちらも目がクリっとしていて、いわゆる「韓国人顔」では無いです。最近も、DIAに新加入したメンバーが

この子も「日本人顔」として話題となりました。確かに日本の若手女優さんにいそうなお顔立ちですね。名前を並べるだけでも、どの方たちも「ビジュアル」に自信のある方たちばかりですから「日本人顔」って

褒め言葉なんじゃね?

って、私は思ってます。

現在放送中の「プロデュース101シーズン2」で、投票1位を爆走しているのが、パク・ジフンなんですが、私は初見で彼を見て、真っ先に

ジャニーズ顔だな~

って思ったんですよ(身長も170cm程度と韓ドルにしては低め)

こーゆー顔って、いわゆる「日本人顔」の典型じゃないの?って思いました。

ヒチョル+チャニョル÷2=ジフン。的な?

彼が人気が出た最大のポイントは、放送開始を前に番組PRのため出演した「Mcountdown」でのステージでのドアップ顔でした。つまり、その頃はまだパフォーマンスなどの技量は視聴者には分からなかったということです。単純に

顔!

だけで1位を爆走したことになります。

現在は投票の第一期間も終わり、次回から1位になる可能性は低いですが(放送が始まって練習生の才能や技能が分かりだしたので)、ただ、この「顔面偏差値」の高さは彼の武器ですし、第二投票期間に入っても上位をキープし、その人気は衰えないと思いますので、11人まで残る可能性は高いかと。きっと制作側もこの彼の類まれな「ビジュアルセンター」っぷりは欲しい人材の筆頭でしょうから、今後も放送でまだまだ注目して映るでしょうね(´∀`)

顔の好みは人それぞれですし、甘い顔が好きでは無い人がいるのも事実ですが、ただ、誰に見せても「イケメンだね」とは言われる顔ではありますよね。これをいわゆる「ジャニーズ顔」というのではないか?と私なんて思っているのですが?

ジフンやチャニョルなんかは、お目目がパチクリしていて、男らしいというより、むしろ「女の子」みたいな顔立ちですよね?ファンデーションが厚塗りなだけではなく、韓ドルは目の周りのメイクが異様に濃い人が目立ちますが、これってやっぱ目のこと(細い)を気にしてる裏返しでは無いか?と、私なんかは思っているのですが・・・男子でもかなりアイラインが太めに入ってる人が多くないですか?(笑)

というわけで、韓ドル男子のお化粧の濃さは、肌感を綺麗に見せる目的と、『目』を強調する意図だと思っているのですけどね~私は^_^;

これからの肌アレを、デザインする。

みなさま
こんにちは(*^-^*)
 
雨が上がって、過ごしやすい気候ですね(*^-^*)
 
昨日はインナービューティーミューズ講座にて、
ホルモンの学びをご紹介したので、ここで
ホルモンのお話を(*^-^*)
 
 
(毎週火曜日はサロンに無農薬のお野菜が届きます♪
あおさんも自宅用に依頼しており、たっぷり届きました(*^-^*)
サロンにもたくさんの新鮮野菜が^^
嬉しいです(*^-^*))

ダイエットを加速させたい時、うまくいかない理由は

☆過食してしまう

☆無償に食べてしまう。。

など、

理性では歯止めがきかなくなるような、あの感覚、ありませんか?

特に、

生理前に食欲が増えたりしますよね。

体重を落としたいのに心がついていかない、

どうしても食べてしまう。。。。
それは、自分の「心の弱さ」ではないです。
ホルモンの仕組みをしっかりと理解すれば、心がもっと楽になります(*^-^*)

まず、ホルモンの仕組みですが、
女性の心に大きな影響を与えるといわれているのは女性ホルモ
ン。
女性ホルモンには、
・エストロゲン(卵胞ホルモン)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)があります。
月経期の前半に活性化するのはエストロゲン。
排卵期で最も高くなります。
肌艶、心の安定、女性らしい体つくりを助けるパワーをもつホルモン。
一方プロゲステロンは、月経後半から分泌されるホルモン。
黄体期、月経から21日目あたりに高くなり、高温期を支えています。妊娠を助けるホルモンなので、水分を保持して、むくみやすくなったり、便秘がちにもなりやすい。
バランスを崩しやすいホルモンともいわれています。
なので、この月経後半
つまり、次の月経の前の時に、気持ちがイライラしたり、過食に衝動が増える方が多くなることがありますね。
まずは、私達の食欲に、
このホルモンのバランスが影響しているのだ、と知ってあげることが大切です。
体が頑張っている、そういう時期なのだ、と。
特にPMS症候群は
月経開始の1~2週間前に開始されると言われています。
エストロゲンが多すぎるか、プロゲステロンが少なすぎる時に発生すると言われています。
むくみ、肌アレ、イライラ、腹部膨満感、倦怠感、頭痛、関節痛、けいれい、無性に食欲がわく、などなど。
どうしてこういった症状が起きてしまうのか、は本当に色々な要因があるかと思いますが、
大切なのは
「なっている今」ではなく
「どう改善していくか。」
「これから先、何が起きても、自分の力で改善できる!!」という
自信を持つこと(*^-^*)
~女性ホルモンのバランスを整える方法としては~
①深呼吸
心の焦りはホルモンに影響しやすいです(*^-^*)
まずは、余裕をもって、心を楽にしましょう。
②しっかりと睡眠をとる
腸内環境も、体も、生体リズムが整っていることが最も大切です。
良いものを食べていても、体を休ませていない、深夜まで起きている、などをするとリズムが乱れてしまいがち。
(大いに反省!!!!!!!!!w)
特に体の修復は私たちが寝ている時に起こります。
まずはゆっくり、心地よい眠りにつきましょう♪
(はい!!!w)
③植物性エストロゲンを摂取しましょう(*^-^*)
植物性エストロゲンとは、
女性ホルモンのエストロゲンと類似な働きをするものです。
主に
☆大豆製品に含まれるイソフラボン
☆亜麻やごまなどの種実に含まれるリグニン
これらはホルモンバランスを整えると言われています。
体内でエストロゲンが過剰な場合は、抑制し、不足の際には、
作用する、という嬉しい働きです。
以前は大豆イソフラボンの摂取が乳がんリスクが高まると言われていた時期もありましたが、今は
幼少期から大豆を多く摂取した女性では、乳がんの発生が大幅に低いことが示されています。
大豆製品は「発酵」をしているとより吸収率が高いと言われています♪
・納豆
・味噌
を意識的に摂りいれていきたいですね(*^-^*)
そして、やっぱり、
笑顔で過ごすこと。
気持ちは後からついてきます。
今日を心地よいものにするのも、
大切な相手との関係をより良好にするのも、自分から^^
今月号のオズプラスは
食べても太らない食習慣。
毎日のちょっとした心がけ、掲載いただいています(*^-^*)

 

 

 

あおさんがこっそりやっている(笑)
ライン@はこちら。

[広告] 楽天市場
  • 【あす楽対応/即日出荷】ボディタオル シルク100% あかすりタオル シルク 垢すり『絹姫』全国送料無料 ボディータオル バス 風呂 ボディケア 乾燥肌 絹タオル アカスリ たおる 敏感肌 アトピー 角質 皮膚炎 日本製 肌アレ 痒み 保湿 美肌 売れ筋
  • 日本製 天然素材 ボディタオル/「ブレス」絹【国産 シルク アミノ酸 肌アレ 浴用タオル ボディウォッシュ タオル 入浴 高品質 やわらかい ポリ乳酸 とうもろこし綿 肌にやさしい 泡立ちがいい ギフト】【あす楽対応】
  • 【エントリーでP10倍! 8/5 20時?8/10 1時59分まで】【タケダ薬品】タケダ ビタミンC 300【第3類医薬品】
  • 【第2類医薬品】ペア漢方エキス錠 240錠
  • 全品5倍※エントリー送料無料◆3個セット まとめ買い アトレージュ AD+ 薬用アクネスポッツ 10ml 医薬部外品◆《atorrege アトレージュAD AD デリケートな肌の方に》【smtb-s】
  • トランシーノ ホワイトC 180錠【第3類医薬品】

コメントは受け付けていません。